幼稚園教諭によくある転職理由

幼稚園教諭転職TOP >> 転職の基礎 >> 幼稚園教諭によくある転職理由

幼稚園教諭によくある転職理由

子供たちに関わる職業を求めて、幼稚園教諭になりたいという人が多くいる中で、実際に働いてみたら仕事の量が多く、保育以外にもおたよりやプラン作成、行事予定などに追われて仕事を持ち帰ることが多かったり、残業が増えることもままなりません。体力も必要で、幼稚園教諭の仕事をしていると、仕事が人生の全てのようになってしまうこともあり、数年働いた後には疲れてしまい、転職をするという人もいるのです。また幼稚園教諭の仕事は好きだけど、仕事量に対する給料が見合っていないと感じて転職する人もいます。特に、学校を卒業したばかりの新卒の場合には、覚えることが多いと同時に、経験がないことから給料もそれほど高くはありません。そんなことから、給料に不満を持ち、転職してしまうというケースもあるのです。ただし、幼稚園教諭の中には、春休みや冬休み、夏休みは幼稚園はお休みだけど、給料は通常通りの月給、そしてボーナスがもらえることもあります。

幼稚園教諭の仕事は、基本的には子供たちに関わる仕事で、エプロン姿やジャージーなど、汚れても良い服装で働く日々が続きます。そんな中で、他の分野に就職した友達が、毎日メイクをして綺麗な格好をして仕事に行く姿を見て、保育以外の職業に興味を持ち、転職をするという人も増えています。幼稚園教諭の転職先には、保育とは全く関係のない事務仕事を選ぶ人もいれば、レストランなどの接客業を選び、人と関わる仕事を続けていく人もいるようです。

また、これまでは幼稚園で担任として働いてきたけれど、比較的決められた時間内で働くことのできる保育園に転職するという人も中にはいます。幼稚園では、担任が年間計画から月間計画、週案、日案を立てて毎日の保育が行われ、それと同時に行事計画や毎月のおたより、日々の記録など、すべて一人で行うことになります。それに対して保育園は、複数担任で、幼稚園よりも子供たちがいる時間が長いことからシフト制で、行事計画なども共同作業で行っていきます。幼稚園よりもチームワークに対してのスキルが必要とされますが、仕事時間が決められており、残業も少ないことから幼稚園から保育園に転職する人も中にはいるのです。

また、幼稚園教諭の転職理由には、同じ保育の世界での仕事を続けていきたいけれど、クラス担任などの責任のある仕事から、未就園児クラスやお預かり保育など、サポート的な役職に転職する人もいます。クラス担任の経験がある人は、マルチタスク能力があることも予想されるので、同じ保育の世界からは認められやすく、転職もしやすいことでしょう。

幼稚園教諭の転職サイトランキング【※大手サイトを厳選比較】

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017 幼稚園教諭転職サイトランキング All Rights Reserved.